内藤まろの書き写したい日本語

与謝蕪村

2013-09-11 内藤まろ

学問は尻からぬけるほたる哉

がくもんはしりからぬけるほたるかな

斧入れて香に驚くや冬木立

おのいれてかにおどろくやふゆこだち

目に嬉し恋君の扇真白なる

めにうれしこいぎみのおうぎましろなる

路たえて香にせまり咲いばらかな

みちたえてかにせまりさくいばらかな

岩倉の狂女恋せよほとゝぎす

いわくらのきょうじょこいせよほととぎす

月更けて猫も杓子も踊りかな

つきふけてねこもしゃくしもをどりかな

菜の花や月ハ東に日ハ西に

なのはなやつきはひがしにひはにしに

夏川を越すうれしさよ手に草履

なつかわをこすうれしさよてにぞうり

五月雨や大河を前に家二軒

さみだれやたいがをまえにいえにけん

春の水山なき国を流れけり

はるのみずやまなきくにをながれけり

 

Copyright© 2017 内藤まろの書き写したい日本語 All Rights Reserved.